スタートアップメディア「BRIDGE」さんにPOOLOを取り上げていただきました

こんにちは。POOLO運営チームです。

スタートアップメディアBRIDGEさんのコラムにて、旅の価値の表現方法についてPOOLOも取り上げていただきました。

 

記事はこちらから

パッションエコノミーから考える「旅」の価値とスタートアップチャンスについて

日本のトラベルスタートアップ「TABIPPO」はちょっと変わったキャリア育成プログラムをスタートさせました。TABIPPOが昨年より実施する人材育成プログラム「POOLO」の定義は、「旅をした経験を社会に還元する、次世代を創るアンバサダーコミュニティー」です。まさに「旅 × パッションエコノミー」を体現したものと言えます。

具体的には、旅の経験が豊富な参加者が集まり、議論する場を通してグローバルで活躍すために本当に必要なマインドセット・スキルを共有していくプログラムとなっています。世界中を旅した個人だからこそ得られる価値観や視点ではないでしょうか。

 

POOLOが考える旅を通じたグローバル人材の定義

さて、旅人がその場その時で感じたある場所での経験は、表現の仕方によっては身分証明書と同じような「信頼」になるのではと感じています。

 

ぜひチェックしてみてくださいね。

記事はこちら!
パッションエコノミーから考える「旅」の価値とスタートアップチャンスについて