「小さくてもいい。まずは一歩踏み出そう!」【ゲスト:平岡慎也さん】

みなさん、こんにちは!TABIPPO編集部の西嶋です。

今回は、1月12日にTABIPPOオフィス本社で行われた講義 「世界の教育から学ぶ!『これからの僕らに必要な教育論』」の様子をレポートします。登壇者は、セブ島とフィンランドで教育実習ができる「Global Teacher Program」を運営する平岡慎也さんです。※ゲストプロフィール詳細は、文末に記載しております。

 

英語×教育×旅


今回の登壇者は、2014年から2015年にかけて「世界中の学校で先生になる旅」というテーマで世界一周したという平岡慎也さん。渡航国は5大陸41か国で、中高の教員免許(数学)を保有。今までに読んだ本は1500冊にのぼるそう。

現在はフリーランスとして、宿泊施設の運営や訪日観光客を対象とした京都での観光ガイドに加え、留学プログラムを作る「Global Teacher Programを運営されています。

Global Teacher Programとは、英語を学びながら海外で2週間の教育実習ができるというプログラムのこと。現在はフィリピンのセブ島とフィンランドで実施しており、現地の公立小学校および語学学校と提携。主に教師をめざす学生が参加し、学生にとっても現地の子どもたちにとっても学びになるプログラムを提供しています。

平岡さんは、3年前、大学4年生のときにGlobal Teacher Programを立ち上げました。年に1か国のペースで事業を拡大しており、今年からはハワイでの実施が決まっているそうです。

 

世界の教育 ウソorホント

「世界中の学校で教育実習をしたい」という想いのもと、20か国40校で実習や先生・生徒へのインタビューを行ってきた平岡さん。POOLOのメンバーに対して、世界の教育に関するクイズを出してくださいました。そのうち2問を紹介します!

 

「フィリピンの学校にもパソコンはある」→半分ホント!

フィリピンでは、生徒が多く、設備が不足していることもしばしば。午前は小学生、午後には高校生と校舎をシェアする学校も多い中で、パソコンルームはたった1室だけということも。

またフィリピンでは、生徒たちは特進コースと普通コースに振り分けられます。平岡さんが実習した学校では、特進コースの子どもたちは毎日パソコンに触れるし、パワーポイントを使った資料作成もお手のもの。一方、普通コースの子たちは、テキストブックでパソコンの使い方を学んでいたそう。

 

「フィンランドの子どもたちは九九の計算がすごく速い」→半分ウソ!

「フィンランド=教育水準が高い国」というイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。実際、フィンランドはSTEAM教育(理数+アートの教育)に注力しており、iPadなどを導入した学習も浸透しているそう。

しかし平岡さんは、教育現場を訪れ、高学年になっても九九が定着していない子が多いことに気付いたといいます。意外ですよね!

このクイズを通して平岡さんが伝えたかったのは、「メディアの情報に惑わされることなく、現地の状況に目を向けてほしい」ということ。メディアはシンプルな結論を求めますが、教育の現場は千差万別。「フィリピンは~」「フィンランドは~」などと一言では言い表せないものです。考えてみれば当たり前ですよね。

 

「一歩踏み出すためのワークショップ」に挑戦!

平岡さんによると、事業の4ステップは「誰かの役に立つ」→「100円稼ぐ」→「事業モデルを作る」→「スケールさせる」。平岡さんもこの4ステップに則って、事業を拡大されてきました。最初は参加者2名だったプログラムも、今では年間100名が参加するまでに成長しています。

そこで今回は、「一歩踏み出すためのワークショップ」と題して、POOLOのメンバーも企画を立ててみました!

ワークショップの流れは次の通り。

(1)「記事」「勉強会・ワークショップ」「スタディツアー」の中から一つ選ぶ
(2)「好きなこと」「得意なこと」「今頑張っていること」「POOLOの中で唯一の特性」を書き出す
(3)「記事」「勉強会・ワークショップ」「スタディツアー」の軸に沿って企画を3つ出す
(4)3つのうち、最も自信があるものを選ぶ
(5)作った企画を小グループでシェア
(6)3つの中で最も良かったものに投票してもらう
(7)最も自信があった企画と投票で最も人気があった企画を比べてみる

また、小グループの中で最も人気があった企画を、全体にシェアしていただきました!シェアしてもらった8本の企画は、次の通り。

(1)本場のインド料理を体験するヴィバッサナー瞑想(スタディツアー)
(2)自分を知るためのラーメン次郎ツアー(スタディツアー)
(3)知識ゼロからはじめる現代アート(スタディツアー)
(4)現役食品メーカー社員が教える初めての食品添加物(ワークショップ)
(5)あなたの人生絵にします(ワークショップ)
(6)イライラしたときに見る子どもの頭の中(記事)
(7)バカなことやってみた(記事)
(8)SNS映えだけじゃない統合型の動画マーケティング(記事)

平岡さんも「地元・関西で開催してくれたら絶対に行く!」とテンションが上がるほど、クオリティの高い企画ばかり。「ちょっとでも『やってみようかな』と思ったら、どんなに小規模でもいいから一歩を踏み出してほしい!」という平岡さんからのメッセージ、みなさんの心に響いたのではないでしょうか?

 

ゲストのご紹介

1993年生まれ/立命館大学情報理工学部卒業。 2016年に株式会社美京都に入社。
学生時代にTABIPPOの世界一周コンテストのファイナルに進んだことをきっかけに世界一周。これまで訪れた国は5大陸41カ国。
海外で教育実習ができる、少し変わった留学「Global Teacher Program」の運営代表。

Text:西嶋結
Photo:栗原秋紀子